リバーシ 豆知識

リバーシの起源
リバーシの奥深さ
コンピュータの強さ
最も短い全滅手順
全滅以外で最も短い試合
最も早い段階でのパス
早い段階での連続パス
盤上の位置を表す言葉
「リバーシ」へ

リバーシの起源

リバーシ(Reversi)は、1883年にイギリスで、ウォーターマン(Lewis Waterman)とモレット(John W. Mollett)が考案したとされています。明治時代には日本にも入ってきて、「源平碁」という名前で打たれていました。

日本語で確認できる最古の文献は「世界遊戯法大全」(松浦政泰 編、1907年、博文館)で、「裏返へし(レヴアルシー)Reversi」として記述されています。「世界遊戯法大全」の図によると、初期配置は交差するように置くのであり、リバーシの初期配置は並行であったという「噂」とは矛盾します。序盤から多く取るのは良くない、隅を取るべき、といった戦術も書かれており、当時それなりの戦術が存在したことがうかがえます。パスのルールも明確で、自分が打てないときは何度でも相手が打つことが書かれています。

1973年に日本で発売された「オ○○」(○は商標であり使用許諾されていないため伏字)というゲームは、8×8マスの中で石を挟んで取る(裏返す)といった点により、リバーシとよく似ていると言えます(というか同じルールに思える)。1981年の「オ○○の打ち方」という本には、オ○○の考案者自身により「オ○○の原型としてリバーシが存在した」旨書かれていますが、近年の著書ではリバーシには触れられていないようです(独自に考案したという主張自体に矛盾はないと考えます)。仮にリバーシを別の名前で販売しただけだとしても、リバーシからオ○○まで90年も間があり、イギリス人から訴えられなかったことからも、法的に問題ないと思われます。

オ○○が広く普及した後は、商標の関係で、オ○○と全く同じルールで「リバーシ」という名称で発売されたり、対局サイトが開かれることが多くなっています。

参考までに、「世界遊戯法大全」の読める部分を現代っぽく「翻訳」して引用します。戦術の部分で、言っていることが明白な部分は、少し意訳します。

裏返へし(レヴアルシー)Reversi
目下、欧米の??界の流行り物の一つであるが、1870年英国の文学士、ゼーダ・ブリエ・モレブト(?)氏の考案(?)により、当時は、「付け足し」(?)(A???????????)という名で、盤面も十字型(?)であったが、後に246図
246図
のように縦横8(?)で64マスの四角形となった。駒は丸い厚紙で、64個、一面は黒でもう一面は赤である。初めには図の真ん中に赤と黒を二つ??に置き、次に敵味方の色を????か何かで先手を定め、順番に一つ、縦なり横なり斜めなりに、盤(?)に置いてある駒と今置く駒で、敵の駒を挟むように味方の駒を置き、挟んだ駒を裏返して味方の色にするので、駒が盤全面に一杯になった時、黒と赤との駒の数を数え、多い方を勝ちとするのである。??をを??れば、一:敵の駒を挟むのは、縦でも横でも斜めでも差支えないが、??にこれを挟むことのできる???でなく、同時にまた縦又とこ又は斜めに挟んで、その挟んだ駒は?く裏返すことも出来る。二:味方に不利であっても、必ず敵の駒を挟まなければならない。挟めるのに挟まないか、または?く?して勝手な所に置くことは出来ない。三:どこにも敵の駒を挟むような所が無ければ、自分は休んで敵に続けさせる。時には敵に二度も三度も続けさせなければばならない場合がある。?に必勝の秘訣を七ヶ??げる。一:決して敵の駒を多く返すのが、良いことではない。少し返して多く返される場合も少なくない。?く後々のことを考え、最後の勝利を期さなければならない。二:なるべく敵に挟むところがなくなるように仕向け、味方が沢山置ける方が有利である。三:「上々」即ち四隅は最も安全で、一度取れば敵に裏返される心配がないから、これを取ることを心得なければならない。四:始めにはなるべく真ん中の16マスより外に出ないようにすると良い。出ると、敵に隅又は「上」(訳者注:辺のうち、隅の2つ隣の位置、A)の場所を取られる恐れがある。五:「上」は?て「上々」即ち隅を取るのに有利な場所である。六:「下々」(訳者注:隅の斜め隣、X)はこれに反して敵に隅を取らせる結果となるから、なるべくこれを避けなければならない。七:「下」(訳者注、隅の縦横の隣、C)は「下々」ほどではないが、防御が困難であり、又、??し得ないこともままあるから、避ける方が良い。八:「上々」と「上」とが既に敵に取られた場合は、敵の駒と駒との間に入り込むことは多少敵の隅の勢力を削ぐ?がある。

戦術を7…つと書いた後に8つ書いているように見えますが(^^;

尚、オ○○黎明期の話をきくと、オ○○はリバーシとルールが似ていても、リバーシとは別に独自に考案されたものであるようです。

参考:「逆転の発見」(井上博、1977年、P.66) 逆転の発見P.66

戻る

リバーシの奥深さ

リバーシのルールは非常に単純で、1回やればサルでも(?)覚えられます。しかし、ゲームの奥深さはルールの単純さとは全く別です。

ルールを覚えて最初に思い付く戦術は「1手毎に出来るだけ沢山取る」ことでしょう。しかし、自分の石を増やすということは相手に取られる石を増やすことでもあり、すぐに逆転されてしまいます。

次に、有名な、「隅を取る」という戦術ですが、相手もその戦術を知っていたら、そう簡単に隅を取らせてくれる筈がありません。従って、相手から隅を取るための「戦略」が必要です。つまり、先の展開を見越して計画的な手を打つ必要があるということです。

また、リバーシでは「隅」が大きな利権の1つであることは確かですが、絶対的なものではなく、隅を全部取っても勝てないこともあります。(将棋で飛車・角を取っても勝てるとは限らないのと同じ)

では、具体的にどうすれば勝てるかというと、とても一言では説明出来ないどころか、すぐに本が何冊も書けてしまうほどの説明が必要です。結局、リバーシも他のゲームと同様、強くなるためには深い読み,センス,定石の研究・暗記等が必要なのです。

戻る

コンピュータの強さ

世界中のプログラマーが、様々なリバーシプログラムを作成していますが、最強レベルのものは、ほぼ誰も勝てないほどの強さを誇っています。

最近のプログラムは、ハードウェアの進歩もあり、パソコンで終盤20数手〜時には30手以上を数分で読み切る上、強いプログラムは序盤〜中盤もデータベース化が進み、ほとんど間違えません。人間側としては、プログラムの知らない手を探さなければ勝ち目がないわけです。既知の進行を暗記して、良くて引き分け、1手間違えたら負けです。

1997年8月に、世界最強クラスのプログラム(ロジステロ)とオ○○の世界チャンピオンの6番勝負が行われましたが、ロジステロが全勝しました。勝ち方を見ても、(当時の)私のレベルでは、ロジステロの手に全くケチをつけることが出来ませんでした。今のトップレベルのプレーヤーは、当時より随分強くなっていると思いますが、現在の本当に強いプログラムに勝つのはほぼ無理でしょう。良くて引き分けだと思います。

戻る

最も短い全滅手順

双方の打ち手が協力すると、僅か9手で白を全滅させることが可能です。その手順は(第1手を固定して数えて)57通りありますが、以下の手順が有名です。



昔、全日本オ○○選手権大会で私の試合相手が来なかった時に、20分間ボーっと待った後、おもむろにこの手順を打ったことがあります。(大会ルール上、相手が来なかった場合は相手の「時間切れ」まで待った後、自分の持ち時間内で好き勝手に打つ)…あれは空しかった…。

戻る

全滅以外で最も短い試合

何と、たった11手で終局となる手順があります。この手順は、保坂 明氏により「偶然」発見されたそうです。



戻る

最も早い段階でのパス

30分位考えて、「9手目パス」となる手順を見つけました。30分で見つかる程度の手順ですから、きっと誰かが発見済みでしょう。



尚、これを知った保坂 明氏も、すぐに全く別の手順(隅を取らない!)を見つけました。流石です。(この手順は秘密にしておきますので、考えてみて下さい。)

戻る

早い段階での連続パス

「最も早い段階でのn連続パス」(n=2,3,4,…)を考えるのが、パズルとして面白いのではないかと思い、ちょっと考えてみたところ、意外にも、いきなり13手目からの5連続パスを発見しました。



さらに、その応用で16手目からの6連続パスも発見!(実は両方とも「再発見」に過ぎないのかも知れませんが)



もっと短手数で2〜4連続パスとなる手順がありそうなものですが、私が探した限りでは見つかりませんでした。

戻る

盤上の位置を表す言葉

リバーシの盤上の位置を表すために、座標や記号を使うことがあります。
座標で表す場合、左からabcdefgh、上から12345678で表すのが一般的です。つまり、以下の様に表します。

a1b1c1d1e1f1g1h1
a2b2c2d2e2f2g2h2
a3b3c3d3e3f3g3h3
a4b4c4d4e4f4g4h4
a5b5c5d5e5f5g5h5
a6b6c6d6e6f6g6h6
a7b7c7d7e7f7g7h7
a8b8c8d8e8f8g8h8

座標では正確な位置を表せますが、直観的に理解するには馴れが必要ですし、向かい合って対戦した相手と局後に検討する時など、座標が逆になってしまいます。そこで、もっと簡単に位置をA、B、C、Xなどと言い表す方法があります。

中辺


(ボックス)

中辺

例えばAの位置に打つことをA打ちと言います。同様に、B打ち、C打ち、X打ちなどという言い方をします。尚、Xの位置は星とも呼ばれるので、星打ちという言い方もされます。隅打ち、中辺打ち、箱打ちなどという言い方はされません。

戻る

「リバーシ」へ